logo

Home  >>  更年期障害×エロス  >>  アダルトビデオは必需品

アダルトビデオは必需品

あなたは日頃からアダルトビデオを鑑賞しますか?エッチな映像には「性的好奇心」を掻き立てる効果があり、それが男性ホルモンの生成を促してくれます。苦しい更年期障害を乗り切るためにも、アダルトビデオは欠かすことができません。

アダルトビデオに「罪悪感」を持つ人々

今や更年期障害に頭を抱えている中高年男性も、10代20代の頃は女性に強い関心があり、性欲も相当なものだったのではないでしょうか。アダルトビデオを初めて鑑賞した時の衝撃は、計り知れないものだったでしょう。

そんなアダルトビデオですが、ごくたまに「妻に申し訳なくて見られない」という男性がいます。簡単に言えば、アダルトビデオを鑑賞することに対して「強い罪悪感」があり、妻に対する「背徳感」もあるのです。「AVを見ると浮気」と心から思っているのです。

女性側からしたら、これほど「出来た夫」はいないでしょう。愛妻家であり、一人の女性に人生を捧げている訳ですから、まさに男の鏡です。しかし、加齢による性欲の低下は、出来た夫にも必ず訪れます。どれだけ妻を愛していても、下半身が反応しなくなるのです。

多くの男性は、下半身に元気がない時に、アダルトビデオを鑑賞します。多少後ろめたさはあるものの、違う女性の性行為を見ることで、自分自身の性欲を掻き立てているのです。「俺もああいうことしたい!」と自分を奮い立たせ、妻とのベッドインに臨んでいます。

そういった点から言えば、アダルトビデオは一種の「スパイス」と呼べるのではないでしょうか。美女は三日で飽きるという言葉がありますが、妻がどれだけ美しい女性でも、あるいはそうでなければなおさら、いつかは飽きてしまうものです。そこにアダルトビデオというスパイスを加えれば、また「抱きたい!」と思えるのではないでしょうか。

治療の一環でアダルトビデオを鑑賞する

アダルトビデオに対して罪悪感を持っている中高年男性に伝えたいことは、「考えすぎ」ということです。目の前に映っている行為はただの映像であり、自身は違う女性に手を出している訳でもありません。それを浮気や不倫と判定するのは間違っています。

罪悪感や背徳感を持つ前に、自身の体調を考えなければなりません。更年期障害を乗り越えるためには男性ホルモンが必要であり、そのためには性的好奇心が必要です。「治療の一環」と考え、アダルトビデオに手を出してみてはいかがでしょうか。妻にバレるのが心配な方は、「個室ビデオ店」に通うことをオススメします。

世の男性は、9割近くがアダルトビデオを好んで観賞しています。残り1割は女性に対して興味が無いか、罪悪感に苦しんで鑑賞を我慢しているのです。男性機能を活性化させるためにも、我慢せずアダルトビデオを楽しんでみてはいかがでしょうか。