logo

Home  >>  更年期障害のメカニズム  >>  更年期障害はどうして起きるのか

更年期障害はどうして起きるのか

男性ホルモン「テストステロン」は、40代半ばころから減り始めます。テストステロンの減少により、性欲や性衝動が減退し更年期障害も始まります。個人差も大きいので、多少減少しても問題ない人もいますが、急激に減少すると更年期障害が起こりやすくなります。

ストレスによるテストステロンの減少

強いストレスを受けるとテストステロン濃度が減少することが分かっています。ビジネスマンとして会社の軸となる働き手である40代、50代の人たちは職場でのストレスが大きく、思春期の子どもの問題など家庭でのストレスを抱える場合もあります。こうしたストレスが、男性ホルモンの現象に関わっていると考えられます。

テストステロンは性機能だけでなく、筋肉や骨の形成、脂質代謝や血管の健康を保ち、また造血作用にも関わっています。脳にも直接関わって活動的に動いたりやる気を起こしたり、頭の働きを良くしたりという働きもあります。また、体内に循環してさまざまな臓器に直接作用するので、体にも心にも広く大きな影響を及ぼすものです。この現象が、更年期障害と関係しています。

更年期障害の症状とはどんなものか?

体に起こる症状としては、筋力が落ち、筋肉痛や疲労感が起こりやすくなります。体のほてりや発汗、頭痛や目まい・耳鳴り、勃起障害が起きたり「朝立ち」がなくなったり、頻尿となることもあります。特徴的なのは筋肉痛で、特に運動をしたわけでもないのに、朝目覚めた時に首や背中、足腰が痛むということがあります。ホルモンの減少により筋肉が再生されにくくなることが原因です。手足がつりやすくなるのもそのためです。

心の症状としては、集中力がなくなり、気力が減退します。抑うつ状態、イライラ、不安や不眠、記憶力低下、性欲減退などが起こります。日本人は欧米人にくらべて精神面での症状が出ることが多く、「うつ」と診断される人も多いと言われています。

具体的に「ここが悪くなった」ということがなくても、なんとなく調子が悪い、なんとなく元気が出ない、なんとなく面白くない、楽しめない、という漠然とした症状の人も多いです。健康診断などで特に異常がないときには、更年期障害を疑ってみる必要があります。

個人差もありますが、40代半ばころからホルモンの現象が起こり、更年期障害になりやすくなります。加齢だけが原因ではなく、ストレスや運動不足、睡眠不足なども関係しています。

前立腺肥大とED改善どちらにも効くザルティア

更年期障害の疾患として前立腺肥大症があげられます。残尿感、頻尿、尿が我慢できない、尿が出難いなどの初期症状があります。これは尿道と取り囲むように存在する前立腺が肥大することで排尿に障害をもたらすからです。

この前立腺肥大による排尿障害に効く新しい作用機序を持ったザルティアというお薬が2014年4月に発売されます。この薬がED治療にも効果大なのです。何故かと言いますとこの薬剤、元々はED治療薬のシアリスらしいのです。つまり名前が違うだけで中身は一緒のお薬とのこと。
情報元→http://www.hama1-cl.jp/column/zalutia/

排尿障害に効くザルティアを毎日服用することで同時にED気味の悩みを解決させてしまう凄い薬みたいです。しかもシアリスは健康保険が使用できないですがザルティアは健康保険が使えるので、まさに待ちに待ったお薬かもしれません。