logo

Home  >>  男のコケン  >>  降格するのも選択肢のひとつです

降格するのも選択肢のひとつです

時代の流れとともに薄くなってきたとはいえ、まだまだ日本には「年功序列」の風潮が残っています。政治家は、「当選回数」で大臣のイスを争います。どんなに優秀な人であっても、当選回数が少なければ大臣や首相になることはできません。タレント出身など知名度の高い人であれば、支持率アップの必要性からポストが与えられることもありますが、実力が認められてのことではありません。

サラリーマンの世界でも、勤務歴が重視されます。ある程度の年齢にならなければ課長や部長になることはできません。一方で、一度ポストについてしまえば、降格されないというメリットもあります。部長になった人は、役職定年の年齢になるまでは、少なくとも部長にとどまることができます。とても楽な制度ではありますが、更年期の人にとってはそれが足かせになることもあります。場合によっては、自ら降格を申し出た方が楽に生きられることもあるのです。

年功序列は楽とは限らない!?

長く勤めれば一定の役職につくことができ、それに見合った給料がもらえるというのは、とても安心して働けるシステムです。日本独自のこうした仕組みはわが国の風土にあっています。ただ、一方でそれによって苦労している人がいることも事実です。本来、出世とは能力を認められて達成するものです。ヒラ社員だった人が、課長になるに値する能力を持っていると判断されたからこそ、課長になることができます。しかし、実際には「年齢」も判断基準になっているため、マネジメントを取るにふさわしい実力が備わっていないケースもあります。

課長が部長になるときも同じです。自らの能力に見合わないポストについた場合、多くの人が努力によってその地位に必要な能力を身につけようと努力します。しかし、だれでもそれができるとは限りません。中年期に重要な役職についたものの、実力が伴わないために苦労している人も少なくないのです。部下の前では偉そうにしているものの、うちに帰るとへこたれて沈み込んでしまうという人もいます。中にはうつ病になってしまう人もいます。年功序列でポストにつくということは、それなりに大変なものなのです。

いっそのこと、役職を外れた方が気持ちよく生きられることもあります

わが国には組織で動くという習慣がありました。会社で仕事をするときにもチームで活動するために、一人ひとりの能力さがあまり目立たなかったとも言えます。たとえ部長が無能でも、副部長や課長がフォローして、結果として仕事がスムーズにいっていました。しかし、最近は個人プレーが中心になってきています。部下は自分の能力を認めてもらおうと、自己主張を強くするようになっています。

そうした環境下では、能力に見合わない仕事を続けることは大きなストレスです。仕事の成果が上がらないばかりか、部下から冷たい視線で見られたりバッシングされたりすることもあります。そんな状態で働き続ければ、精神的に追い込まれてしまうこともあるでしょう。更年期に体調がすぐれない時には、それに耐えるよりもむしろ、役職から解放された方がマシなのかもしれません。

年功序列の仕組みの中でサラリーマンをつづけることは、更年期の男性にとって辛いケースもあります。そんなときには、思い切って自ら降格を申し出るのもひとつの生き方です。定年を過ぎてしまえば、サラリーマン時代の勲章など何の役にも立ちません。見栄を張り続けるよりも、健康を大切にした方が良いのではないでしょうか。