logo

Home  >>  食事で摂る男性ホルモン  >>  脂肪の取らな過ぎはセックスにはNG

脂肪の取らな過ぎはセックスにはNG

「油抜きダイエット」が流行ったこともありますが、「脂肪の摂取は控える」「脂肪はいっさい摂らない」という人もいます。しかし、脂肪は体にとってとても大切な栄養素。エネルギーを貯蔵する役割もあり、細胞を再生したり新陳代謝を促進したりもしています。体の若さを保ち、性的エネルギーを作りだすのにも必要です。

体にはどうしても必要なもののため、体内に脂肪が不足すると、糖質から脂肪を作りだします。極端な「油抜きダイエット」をしても、体脂肪率が下がらないのはそのためです。

脂肪の流行りすたり

脂肪に関する研究はまだまだ発展段階で、学説の流行りすたりがあります。以前は「植物性だからマーガリンが良い」とされていたこともありますが、最近は「トランス脂肪酸」があるからと否定的な見方もされています。良しあしがはっきりしない点は難しいところです。

少し前には「リノール酸」がもてはやされましたが、今注目されているのは「αーリノレン酸」。花粉症などのアレルギーに効果があるとか、がんの発生を抑えるなどと言われています。シソ油やゴマ油に多く含まれています。研究成果により、どれが良いのかどれが悪いのかがブレてしまうので選択が難しいですが、必要栄養素であることは変わりません。「まったく摂らない」というのは問題でしょう。

オメガ3とオメガ6、オメガ9

脂肪の燃焼に関わる脂肪「オメガ3」が注目されています。イワシヤサンマ、マグロなどの魚の脂に多く含まれます。頭がよくなると言われるDHAやEPAなどもオメガ3の仲間です。細胞膜を柔らかくして代謝を改善し、血液循環も良くして脂肪燃焼を助けます。血圧バランスを整えたり、血管の弾力性をたかめたりもします。「αーリノレン酸」もオメガ3の仲間です。魚を多く食べる日本人は、とても取りやすい脂肪といえます。

コーン油や大豆油に多く含まれる「オメガ6」は、神経系や心臓血管系、免疫系に深くかかわっています。良い脂肪とされていますが、摂り過ぎるとオメガ3の邪魔をしたりするので、控えめにとることを心がけなければなりません。オメガ3とオメガ6との割合は、4対1以下が望ましいとされています。

もう一つ「オメガ9」は、オリーブオイル、特にエキストラバージンオイルやアボガドに含まる脂肪で、細胞の炎症を抑える効果があります。日常的に使うことが望ましい脂肪と言われています。

脂肪には細胞を活性化したり血液循環を良くしたりする働きがあるので、ある程度しっかり摂ることも大切です。

■参考サイト:
http://allabout.co.jp/gm/gc/67178/
http://allabout.co.jp/gm/gc/298778/
http://allabout.co.jp/gm/gc/298887/3/
http://allabout.co.jp/gm/gc/301087/
http://allabout.co.jp/gm/gc/300523/
http://allabout.co.jp/gm/gc/301354/2/
http://allabout.co.jp/gm/gc/298557/2/
http://allabout.co.jp/gm/gc/391562/2/