logo

Home  >>  食事で摂る男性ホルモン  >>  男性ホルモンに良い食材

男性ホルモンに良い食材

男性ホルモンを増やすには、体内で作ることのできないアミノ酸を豊富に含む食材を摂ることがカギとなります。肉類には比較的多く含まれ、赤みの豚肉や、鳥胸肉、脂身のない牛ロースなどには豊富に含まれます。メタボ対策として脂肪増加の原因となる肉類は「悪玉」扱いされることも多いですが、男性ホルモンにはとても重要です。

肉類以外にもアミノ酸を豊富に含む食材は色々とあります。ざまざまな食材をいくつも取り入れることで、男性ホルモンを増加させましょう。

牡蠣はセックスミネラルが豊富

男性ホルモンには「亜鉛」が必須です。テストステロン(男性ホルモン)の合成に関わる物質なので、更年期に不足するとホルモンバランスを崩してしまいます。前立腺や精液には亜鉛が高濃度に存在していて、精子の運動能力にも関わっています。男性機能に欠かせないものなので、「セックスミネラル」などとも呼ばれています。牡蠣に多く含まれていることが有名ですが、豚や鳥のレバー、小麦胚芽などにも多く含まれています。

精のつく食材あれこれ

精がつくイメージが強い食材のひとつにウナギがあります。収穫が減り国内産のウナギの価格は高騰していますが、ビタミンEを豊富に含んでいます。ビタミンEには強い高酸化作用があるほか、血管を広げて脳内の血行もよくする働きがあります。脳力アップに役立ちますので老化防止効果があります。

細胞の炎症を抑える不飽和脂肪酸が豊富なアボガドも、男性ホルモンの味方です。角切りマグロとわさび醤油で和えた料理は、良質脂肪を摂るのにも最適です。男性ホルモンを増やし代謝も改善するので、更年期を乗り切るのにベストなメニューです。

昔から強精作用があると知られているニンニクは、古代エジプトではピラミッド建設の労働者に与えられていたそうです。ビタミンB1の吸収を高めアドレナリンを分泌させるので、力がでます。また、男性ホルモンの分泌も増やします。タンパク質と同時に摂ると効果が高まるので、肉類と一緒に炒めるなどして摂るのがベターです。

玉ねぎに含まれるアミノ酸には男性ホルモンを増やす作用があります。ただし、玉ねぎ自体の持つ酵素の働きで、切ってしばらく経つとアミノ酸を分解してしまいます。分解させないようにするには、切ってすぐに加熱することです。

すでにEDならばまず治療を

このように食生活を通じて男性ホルモンを充実させるのは、人生が続く限り続けるべき習慣ですが、すでにEDの症状が出てしまっている場合はどうしたらいいのでしょう?男性の性機能には心理的な要因も深く影響していますから、そのまま放置していては症状の改善に差し障りがあるかもしれません。対症療法としてバイアグラなどのED治療薬を処方してもらうのが得策です。首都圏に住んでいるなら、専門のクリニックが便利な立地のところに点在していますから(例えば、浜松町や横浜、上野、大宮などにある浜松町第一クリニック)、利用してみてはいかがでしょう。

肉類類の他、牡蠣やうなぎ、アボガド、にんにく、玉ねぎなど男性ホルモンの材料をたくさん摂って、精力を高めましょう。