logo

Home  >>  更年期障害について知る  >>  男性にも更年期障害がある?

男性にも更年期障害がある?

「なぜか具合悪いな…」と毎日嘆いているあなた。疲れが取れない、倦怠感がある、「明らかに性欲が衰えた」という方は、「男性更年期障害」の可能性があります。ここでは意外と知られていない、男性が発症する更年期障害について紹介します。

中高年になると病気のリスクが高まる

女性は40代から50になると、いわゆる「閉経期」に突入します。年齢を重ねることにより、妊娠しにくい身体に変わっていくのです。同時に、女性ホルモンが減少することによる「更年期障害」を発症しやすくなります。さらには、「自律神経失調症」や「鬱病」を併発する恐れもあるのです。これに関しては、男性にも同じことが言えます。

若い世代から見ると、40代から50代は悠々自適な生活を送っていそうですが、実際はそうでもありません。人生の折り返しを迎えた後は、第二の人生に挑戦する人がいれば、人間関係のしがらみに苦しんでいる人、責任ある立場に苦労している人もいます。

年齢を重ねると、若い頃とは質の違う「ストレス」や「プレッシャー」を感じる機会が増えるものです。それが原因で、大病を患ってしまう人が多いのです。上述にある自律神経失調症や鬱病、場合によっては癌に冒されることもあります。

まず知っておきたいのは、中高年になると「病気のリスクが高まる」ということ。放っておけば治るのは若い頃の話であり、少しでも身体に異常を感じたら、早い段階でかかりつけ医に相談するようにしましょう。

男性にも更年期障害がある

「中高年の病気」と言われると、多くの人が「更年期障害」をイメージすることでしょう。そして、「更年期障害は女性が発症する」というイメージもあるはずです。では男性は発症しないのかというと、答えは「NO」です。男性にも「男性更年期障害」という病気があります。

男性更年期障害は「男性ホルモンの減少」が原因で発症します。症状は女性の更年期障害とほとんど同じで、精神面に関しては「訳もなく憂鬱な気分になる」、「焦燥感に襲われる」、「イライラする」といった症状が出ます。

身体面に関しては、「冷や汗をかく」、「寝汗をかく」、「強い疲労感」といったものがあります。そして何より、「性欲が低下する」のが男性更年期障害最大の特徴です。更年期障害が原因で男性機能が低下し、ムラムラしにくくなるのです。この点が、女性の更年期障害と異なるポイントです。

男性機能が低下すると、人によっては「ED(勃起障害)」を発症する恐れもあります。ある意味では。女性の更年期障害よりも厄介と言えるでしょう。EDを発症した場合、男性専門のヘルスクリニックにて専門医に診て貰い、バイアグラなどの治療薬を処方してもらう必要があります。

バイアグラはEDの原因である酵素を抑制する薬です。この薬を性欲増強剤や媚薬だと思っている方が多いですが、あくまで体内の酵素を抑制するものであり、服用したからといってすぐに勃起状態にはなる訳ではありません。最近ではリーズナブルな価格のジェネリックも登場し、若い男性も気軽に手に取れるようになっています。

男性の更年期障害は未だに知名度も低く、発症しても自覚せず、苦しみながら毎日を過ごしている方も少なくありません。男性も更年期障害になるということを頭の片隅に置いておき、身体に少しでも異常を感じたら、早めにお医者さんに診て貰うことを強くオススメします。